40代50代からの資産運用FX

このサイト、タイトル通り40代50代の資産運用に役立つ記事、アナタの資産形成のヒントを目指しているサイトです。

資産運用の基本は長期、分散、積立です。
でも、今までの貯蓄のない50代はどうすればいいでしょうか?

60歳以降、どう考えても生活が厳しい方、収入から考えて老後の暮らしが安定しない方、でも資産運用の努力はしたい、そう思っている方はどうすればいいのか、考えていくサイトです。

50歳までに稼げなかった、貯蓄できなかった方が50代で稼げるようになるか、まず無理だと思います。
でも、ご自身が無理だと思ったら、前には進みません。

下手したら、あと50年生きなければならないわけで、絶対に資産形成を諦めてはいけません。最後に笑えばいいのです。

ここでは資産形成FXの話をします。

ワタシの場合、FXは3度目のチャレンジです。やっと利益が出始めました。

 

FX失敗の理由

ワタシが過去2回FXで失敗した理由は誰もが経験することでした。

  • FXの基本、ロジックを理解しないまま、興味本位でトレードを開始
  • 資金管理ができなかった
  • MT4を使わなかった
  • EA(自動売買)を使わなかった
  • FXを仕事として捉えなかった

FX成功するために

FXは勉強と努力

何事も基本、基礎は大事です。勉強しましょう。幸い、FXと検索すれば無数の勉強サイトが出てきます。
お気に入りのFXブログが出てきたら、お気に入りに登録しましょう。

実践していけばわかることですが、意外と「このサイト、FX実践してないなー」とか「他人のコピペサイト」だとわかります。
サイトを見ていると疲れてしまう中高年は多いです。その場合は図書館に行ってください。FX基礎勉強の参考書は、たいていの公営図書館ならおいてあります。

 

FXは小額から始める

始めて1か月のトータルがプラスになるまでは通貨単位の引き上げはやめましょう。
FXの魅力は何と言ってもレバレッジです。この感覚、ギャンブルと同じです。1万円が100万円に変わることもあります。

なので必要以上に取引をしてしまいます。その結果、破綻します。
FXはギャンブルではありません。儲けようと思わず資産を運用するつもりで活用してください。

想定利回り20%くらいを目指してください。投資信託、ロボアドバイザーで、なかなか20%の利回りは実現しません。
このような発想で、FXをやれば勝率はグンとアップします。
資金管理にはこのサイトを利用してください。

http://fxsoft.x0.com/fxsimu/

 

MT4を必ず使う

MT4とは「MetaTrader4(メタトレーダー4)」のことです。FXの世界では共通言語のようなものでプロが当たり前のように必ず使っています。
世界で最もメジャーな高性能FX取引プラットフォームです。これを使えば高次元のテクニカル分析ができるようになるツールと言えます。

ですから、証券会社、ブロカーは必ずMT4対応会社にしてください。国内証券会社で言えば、楽天証券、外為ファイネストあたりから始めてはどうでしょうか。
証券会社も国内、国外ともかなりあります。キャンペーンなどを利用すれば、かなりお得に始められます。

当サイトでも、無料EA(自動売買)をプレゼントするなど、考えています。あとで、失敗したと思わないように最少の取引証券会社は少なくていいです。

 

EA(自動売買)を使う

素人がプロと同じ土俵で戦っても勝てません。同じグランドで戦うために、EA(自動売買)を利用してください。
裁量取引を行うのは、EA(自動売買)のあとで大丈夫です。

グルトレ、ねこ博士のEA(自動売買)95%以上の勝率を誇るScalなどで、儲けの感覚を味わってください。この時によく間違えるのは、勝ち続けていると通貨単位を引き上げることです。
ここで我慢ができれば、アナタは勝利者になれる確率が高まります。

 

FXを仕事として扱う

FXを仕事として独立できる方は多くありません。でも世界中のプロ、専業と争うわけですから、同じ気持ちにならなければ勝てないわけです。

どこかのFXブログに「FXとは馬鹿から奪い取るゲームだ」と書いてありました。株の世界と違って、FXはセロサムです。麻雀と同じで勝った人がいれば
必ず負ける人がいます。さらに手数料が取られるわけで、世界中の資産家が勝てば、アナタが負ける可能性が高くなります。

では、どうすれば勝てるか。たとえ実践する時間は少なくても、プロの意識を持つことでしょう。
ワタシがそこまで意識が高くなっているかは別にして、EA(自動売買)ツールを作成するようになりました。ロジックがわかってくると勝率は上がりました。

勝ち組に入る方法のひとつとして、ワタシはFXを選びました。

 

以上、40代50代FX初心者の話でした。

 

関連記事一覧