オーナーズブック、エクイティファイナンス開始!【エクイティって何だ】

オーナーズブックがついにエクイティファイナンス第1号案件8月10日から募集開始します。
いつものように瞬殺(数分)で募集終了してしまうのでしょうか?
それとも、初めてのエクイティファイナンスなので、慎重に対応するのでしょうか?
せめて
  • エクイティファイナンスって何だ?
  • 今までのソーシャルレンディングと何が違うの?
  • 安全性は?
  • 利回りは?
上記4点は理解してから、応募しませんか?
よくわからないのに、応募するにはリスキーです。

オーナーズブックのエクイティファイナンスって何だ?

オーナーズブックのエクイティファイナンスは、不動産を購入する際の自己資金(エクイティ)に当たる部分を、オンライン上で、クラウドファンディングで募るサービスです。

投資した不動産が生み出す賃料収入および売却益が、配当原資となります。

 

エクイティファイナンスとデットファイナンス

新株発行、CB(転換社債型新株予約権付社債)など新株予約権付社債の発行のように、エクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達のこと。発行会社から見ると、原則として返済期限の定めない資金調達であり、財務体質を強固にする効果がある。
一方で、投資家から見ると、調達した資金が中期的な利益の拡大に貢献する投資に充当されない場合、一株当たりの株式価値が薄まることとなるため、通常、エクイティファイナンスを実施する場合は、株主に対する合理的な説明が必要になる。
これに対して、銀行借入・普通社債などのように他人資本が増加し、返済期限の定められた資金調達のことをデットファイナンスという。

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/e/equity.html より引用

 

オーナーズブックのエクイティファイナンスは資本に関するクラウドファンディングなので、不動産が生み出す利益が出資者に対する配当原資なんですね。やっとわかった気がしました。

 

エクイティファイナンスと今までのソーシャルレンディングと何が違うの?

 

 

ソーシャルレンディングとエクイティファイナンスは、投資側からすれば、投資行動はほとんど変わりません。

ややもすると一般投資家から見れば、事故がない限りソーシャルレンディングとエクイティファイナンスにあまり違いが見えないのではないでしょうか。

一方、オーナーズブック側からすれば、その違いを理解させたい意図が見受けられます。

  • 余裕資金であること
  • 300万円以上現金があること

 

つまり、リスクプレミアムとしての利回り高さを意識してほしいのではないでしょうか。
オーナーズブックと言えども、予想利回りまで行かないケースも想定して投資することが求められる気がします。

 

オーナーズブックのエクイティファイナンスの安全性は?

エクイティファイナンスは、従来のソーシャルレンディングと違い、投資対象の物件情報を積極的に開示することが可能です。

ここがポイントです。

したがって、募集案件に対する目利きが必要です。

利回りがソーシャルレンディングよりも高く、予想分配金も予定よりも上下することもあり得るでしょう。

元本保証ではないので、下記の調査方法などでしっかりと案件分析することが望まれます

 

オーナーズブックのエクイティファイナンスの利回りは?

第1号案件は、予想分配金利回りは7%です。

利益は、運用物件売却時に利益(もしくは損失)が生じた場合には、売却益(もしくは売却損)を出資持分に応じて受ける等の特徴があります。

今までのオーナーズブックの実績、会社の体制、不動産業界での知見、方向性から考えて、ワタシも機会があればエクイティファイナンスに応募したいと思っています。

ただし投資資金は余裕資金であること、ソーシャルレンディングの1口1万円と違い、第1号案件は

  • 1口10万円単位(5口以上100口以下)
  • 最低出資額50万円(5口)

です。

ある程度の富裕層狙いです。

まったくの個人的勘ですが、オーナーズブックの評判、信用度、と想定利回り7%なので、当日に完売するような気がします。

ただし、オーナーズブックは案件を詳細分析せずに投資されることは望んでいない気がします。

本来であれば、もっと早くにエクイティファイナンス第1号案件の募集開始をする予定だったはずです。

慎重に慎重を期した第1号ではないでしょうか。

 

オーナーズブックエクイティファイナンス第1号案件事前調査方法

ソーシャルレンディングと違い、投資物件の詳細がわかります。
これ、ポイント高いです。

つまり調査して投資できるメリットがあります。

 

エクイティファイナンス募集情報が開示されてから何を詳細に見ればいいでしょうか。
普通なら不動産鑑定士ではないので、物件の利回り、物件の担保価値がわかりません。

都内周辺にお済の方は、現地まで行って案件を見れば、ある程度感覚で、不動産価値があるビルかどうかわかるのではないでしょうか。

遠方の方は以下のような調査方法があります。

 

東京ビル図鑑

https://b-zukan.jp/floor/tokyo/70136/

このサイトでわかることは

  • ビルの外観、室内、眺望などの写真が見れます。
  • 空室情報が確認できます
  • ビルの概要、設備、所在地、最寄駅 、フロア面積、参考坪資料、構造、規模、エレベーター数、竣工時期、延床面積など基本的な項目が確認できます。

 

エクイティファイナンス投資をお考えの方はお気に入りに登録しておくべきサイト(https://b-zukan.jp/)です。

 

東京オフィース検索

東京オフィス検索

こちらも東京ビル図鑑と同様、基本的な必要項目はすべておさえています。
さらに室内風景動画もあり、イメージしやすいサイトです。
物件投資をお考えなら登録しておくべきでしょう。
https://of-tokyo.jp/

 

ライフルホームズ

LIFULL HOME'S

ライフルホームズでは、基本項目のほかに物件周辺相場の推移、賃貸掲載履歴推移が見れます。どのサイトも情報が充実しています。

https://www.homes.co.jp/

 

エクイティファイナンス調査まとめ

投資する前に、上記3サイトから案件の詳細情報は確認しておきましょう。

オーナーズブックが紹介する案件なので、間違いはないのでしょうが、自分の目で確認することは大切です。

エクイティファイナンス第2弾の募集が楽しみになってきました。

 

以上、オーナーズブックエクイティファイナンスの疑問解決と調査方法、でした。

 

エクイティファイナンス第1号案件の詳細はこちら

 

関連記事一覧