50代、定年後の資産運用おすすめはフィンテック!

NOZUです。

アナタ、あと何年生きますか?

何歳ごろ死ぬと思いますか?

40代、50代になっても、あまり考えないですよね。
ワタシ、50代後半ですが、精神的には30代以降ほとんど変わっていない気がします。
よく言えば「考えが若い」。はっきり言えば「馬鹿」でしょうか。

その割に、目が衰えたり、全身の毛が白くなってきたり、下半身の衰えも隠せません。

50歳は人生の折り返し?

ワタシ、長生きしたいと思いませんが、親がなくなった年齢(父85歳、母86歳)を考えれば、あと30年くらいは生きる気がします。
でも、あと30年楽しく、快適に暮らす資産は残していません。

困りますね(笑)

年齢を重ねて、素敵見える方はやはり裕福な方です。
40代のころ、ロールスロイス、ベンツなどを所有しながら、80歳過ぎたら、黄色のポルシェに乗りたいと言っていた取引先のH社長さんがいました。
その方は、当時70歳を超えていましたが、すべての振る舞いがカッコイイのです。

心の余裕があるから、人に優しくできるのでしょうか。人望のある方でした。
人に尊敬されるのも、お金次第な気がします。

これから、資産形成、資産活用をどうしようか、とお考えの方と一緒に考える資産運用、資産形成サイトです。

今はフィンテックと呼ばれる新しい金融手法、金融商品が続々誕生しています。

ですからこのサイトで触れるのはワタシが実際にやったフィンテック関連の投資、フィンテックではないけど、もしかしたらアナタにプラスになるかもしれない金融商品のことを書いていきます。

できるだけ、わかりやすい言葉、わかりやすい表現で書いていきます。

年金制度は当てになる?

これからの10年は、アナタの50年に相当すると思っていたほうがいいです。
それほど、金融業界もAI(人工知能)の導入で激変するでしょう。

まさかアナタ、今まで通りの預け先でいいなんて思っていないでしょうね。

日本の年金制度なんてほとんど破綻することが目に見えているわけですから。
50歳は人生の折り返しだと思って資産形成を考えるべきでしょう。

 

40代、50代におすすめの資産運用はフィンテック

クリックで拡大↓

 

フィンテックと呼ばれる新しい金融商品が続々と生まれています。それを利用して新しい産業が生まれ、20代、30代で「億り人」が誕生しています。

2016年8月に早期退職してからワタシ、ネットビジネスをかじっています。驚いたのは本当に、億り人までいかなくても、月に数百万円、数千万円と稼ぐ20代、30代がたくさんいることでした。

サラリーマン時代、社内の書類に「SEOを利用しインターネットを使った宣伝施策が必要」と書いたら、60代役員から「セオってなんだ?」と聞かれました。まあ、世の中そんなもんです。

フツー、自分の知っている世界、業界しか見ません。もしアナタがSEOについてわからなければ、検索して調べて下さいね。

ワタシが20代のころは携帯電話もありませんでした。インターネットを使ったのも、30代になってからです。

ですから、50代以上の方はネットビジネス、フィンテックに疎くて当然です。

しかしネットビジネスのこと最低限知らなければ、資産運用できない時代です。

日本人の資産のうち、約50%が貯蓄です。貯蓄では資産は増えません。お金の預け先も銀行、ゆうちょだけではありません。

玉石混交ですが、ネットからの申し込みで、それなりの利率で回せる金融商品が続々誕生しています。

元本保証ではないものの、その仕組みとリスク回避方法を知れば、ほぼ安心して運用できます。

 

そんな体験を書いていきます。

以上、50代、定年後の資産運用おすすめはフィンテックの理由でした。

 

 

関連記事一覧