• 書いている人、共同執筆者
  • HOME
  • 書いている人、共同執筆者

 

 

NOZUです。
サラリーマン、33年やりました。

56歳で早期退職して、悠々自適と言いたいところですが、65歳で完全引退したいので資産形成、資産運用に励んでいます。

サラリーマンのころから、株式投資、FXなどはやっていました。ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングは退職後、知りました。

 

退職後、地元のJ銀行にとりあえず使わない1000万円を定期預金の相談に行ったところ、若い20代の女子行員に「1年で800円の利息しかつきませんよ」と軽くあしらわれました。

それが、資産運用を考えるキッカケです。

実際、ちょっと勉強していけば、ネットを使った口座開設で年利5%から15%のリターンは十分可能です。
そこから、さらに株式投資やFXで、資産を増やすことができたら、老後は安泰ですね。

まあ、そう簡単にうまくはいかないものですが、いますぐできる事もあります。

預け先、運用先がわからなくて眠っている資金があれば、まず銀行からフィンテックに一部移してみましょう。

実は元本保証と言われるものは、実質目減りしていることが多いです。
ですから、必要最低限以上のお金を銀行に預けていることは、ほとんど利息がつかない現状、自分の足を食べているようなものです。

まずは、99%の安定運用とリスクを1%取ることで、楽しみながら興奮しながら、増やす喜びを味わいませんか。
それが、これからの人生を豊かにしていきます。

でも、投資の判断は自己責任です。
成功しても失敗しても、すべての原因と結果は自分の行い、心にあります。

ネットによく載っている「必ず儲かる」話はありません。

 

ちょっと、資産運用頑張って、カワイイ姉さんと波乗りしたいですね♪

 

☆サイト監修、共同執筆者

KEI(NOZUとは高校時代からの友人)
ファイナンシャルプランナー2級
相続関係の知識は特に詳しい